原因は何でしょうか?


  • 座敷犬
  • 投稿日:2007/08/02 22:41



こんばんは、皆さん。

掲載している写真は旅先で撮った写真ですが、画面の左端に霧のようなものが写り込んでいます。フィルムにして20本(約720枚)撮った写真の中で、この一枚だけに、このような症状が現れています。

この写真はOM-1で撮影しましたが、その他の手持ちのOM-1N、複数のレンズを使用している際にも同様の症状が現れることがあります。しかも同じ部位に、同じ形で現れます。ちなみにシャッター幕にピンホールはありません。

アクセサリーシューを取り外した状態で使用(カバーは付けていません)しているので、そこから光が漏れているのでしょうか?アドバイス宜しくお願いいたします。


  • 1.IMAI
  • 投稿日:2007/08/03 00:01

座敷犬さん、皆さん、こんばんは。
カメラやレンズに特定しないで発生し、同じ部位に同じ形で現れるというのは不思議ですね!
ミラーボックスの内面反射とかが関係している可能性もあります。
レンズ裏面の黒い塗装の剥がれや塗装されていない部分が光線の状態により反射しているのかもしれません。
裏蓋を開けて覗いてみて黒い塗装の剥がれ等、反射するような部分はないでしょうか?


  • 2.nori-p
  • 投稿日:2007/08/03 01:59

もしかしたら、フィルムの撮り始めや逆に終わりの駒にだけ現れませんか? 現像所でのフィルムの取扱いや現像機に特有の現象ではないでしょうか。カメラ、レンズによらず時々現れるならそう考えるのが自然ですが、ためしにコンパクトカメラで撮ったものや写るんですを同じ現像所に出してみましょう。


  • 3.えの
  • 投稿日:2007/08/03 11:05

座敷犬さん皆さんこんにちは。

この症状ですが、去年小樽で撮ったものに類似の状態がありました。恐らく現像ムラではないでしょうか。
自分の場合、36枚撮りフィルムの後半10カットほどで、画面中央よりやや左上の部分に煙が細く立ち昇ったような「やや明るい部分」が出来てしまい、一瞬、幕のピンホールも疑いましたが、点検で問題ナシです。

シュウの穴からは、仮に光が入っても実用上は問題ありません。極端に強い光を故意に入れれば、露出計の指針が多少多めに振れるかも知れませんが。

余談ですが、ここの光線漏れを危惧して貼ったモルトが、プリズム腐食の主因ですよね・・・。


  • 4.座敷犬
  • 投稿日:2007/08/03 21:46

こんばんは、皆さん。

レス頂きありがとうございます。

カメラのミラーボックスを点検してみましたが、黒い塗装の剥がれは確認できませんでした。

今回撮影したフィルムはプロラボで現像を行いましたが、街の写真屋さんやカメラ量販店で現像したフィルムにも同様の症状が現れています。同じ部位に、同じ形で・・・。

2台のカメラ、複数のレンズを使用して、しかも異なるラボで現像して同じ部位に同じ症状が現れています。

クイックリターンミラーのストッパー(カメラ正面の左下にある針みたいなもの)には元々なにも塗装されていませんので、このストッパー若しくはその横にある突起物が悪さをしているとは考えられないでしょうか?


  • 5.IMAI
  • 投稿日:2007/08/03 23:27

>>4
座敷犬さん、皆さん、こんばんは。
症状が現れた写真は光の状態に共通点はないでしょうか?
例えば晴天で撮影した時に限って発生するとか。
ミラーのストッパーに当たった光が反射して写り込む可能性は?ですが、条件が重なると悪さをすることがあるかもしれません。
再現できればいいのですが難しいでしょうね。


  • 6.座敷犬
  • 投稿日:2007/08/04 04:58



>>5
こんにちは、IMAIさん。

この症状は晴天時に多く発生しますが、屋内で撮影した際に発生することもあります。発生頻度は屋外のほうが多いです。また、右斜めから光が射している時に発生するような気がします。

新たに掲載した写真にも同様の症状が現れています。この写真を撮った後、カメラの点検をメーカーで行いましたが、その際、シャッター幕にピンホールがあることが分かりました。(不具合の)原因は幕のピンホールに依るものであるとの診断でした。

しかし、その後、個人の修理店で幕のピンホールをゴム糊で塞いでもらいましたが今もなお同様の症状が散発的に現れています。しかも別のOM-1にも・・・。

そこで、解決策かどうか分かりませんが、ミラーのストッパーに反射防止用の塗料を塗ろうかなと考えています。でも、もしこれが原因なら、定番的なトラブル例(例えばファインダーからの逆入光による露出計の誤差など)になっていそうなものですよね。


  • 7.MiMoFa
  • 投稿日:2007/08/04 06:33

座敷犬さん、IMAIさん、皆さんこんにちは。
MiMoFaです。
>>6
裏ぶた丁番部のモルト(フェルトかもしれませんが)は十分弾力があるでしょうか。ここからの光線漏れだとフィルムを巻き上げたあとなので右斜めからの光が漏れて同じ部分に露光し、連写すれば症状が出ないということも考えられます。
先日某社のカメラでは幕には穴がなかったものの幕端のカシメた金属部品のところで、カシメ穴が広がって漏光してました。ただ、今回のような出方とは違いますね。


  • 8.えの
  • 投稿日:2007/08/04 11:21

あ、そうですねモルトも考えられますね!

あと、MDの連結部のフタは外れていませんか?


  • 9.IMAI
  • 投稿日:2007/08/04 12:55

>>6
座敷犬さん、皆さん、こんにちは。
MiMoFaさんご指摘のようにOM-1N、OM-1で同じように裏ぶた丁番部から光が漏れている可能性もありますね。
この場合は右斜めから光が射している時に発生しやすくなりそうです。
丁番部のモルトを貼りなおしてみたらいかがでしょうか?


  • 10.座敷犬
  • 投稿日:2007/08/04 16:40

>>7,8,9

こんにちは、皆さん。

アドバイスありがとうございます。

OM-1のモルト交換は3年前に、OM-1Nのモルト交換は去年、それぞれ別の修理業者に依頼して、行いました。モードラの蓋はどちらのOM-1にも付いています。

早速、皆さんから頂いたアドバイスを参考にして蝶番部分に貼られているフェルトを観察してみたところ、(2台とも)裏蓋側にはフェルトが貼られていないことに気づきました。

カメラ関係の部材を扱う業者さんのサイトを見たところ、カメラ本体側にも裏蓋側にもフェルト(モルト)が貼られています。

http://aki-asahi.net/store/html/OM/light-seal/002.jpg

本来は、両方にフェルトを貼るものでしょうか?もしそうだとしたら、絶句です・・・(苦笑)。

どちらにせよ、このままの状態では使用することができませんので、できれば症状を再現させて、原因を突き止めたいと思います。もしそれが無理なら、自分でモルト交換してみます。

レンズに装着している保護フィルターの反射なんかも疑いましたが、モルトが原因なのかもしれませんね・・・。


  • 11.えの
  • 投稿日:2007/08/04 17:55

>>10
こんにちは。以前メーカーでモルト交換した手持ちのOM全ての裏蓋、蝶番部には貼られていませんでした。

SSの担当氏にも聞いてみたんですが、もし蝶番側のモルトをご自分で交換なさるのでしたら粘着テープ付きなら「1亳」、糊を注射器で注入して貼るタイプなら「1.5亳」ぐらいがいいのでは、と言うことでした。モルトに起因する光線漏れの原因は「劣化」「厚み不足」「厚すぎて蓋を閉めた時に捲れてしまう」など様々だそうで、漏れの発生部位は蝶番部よりも、上下の溝のモルトであることの方が多いそうです。また、裏蓋そのものの「僅かな歪み」も考えられるとのことでした。まあぶつけたり落としたりが無い限り、歪むケースは少ないと思われますので、蝶番側と上下溝のモルトもやってみる価値はありそうです。上下溝のモルトは1.5亳ぐらいが良さそうです。自分はフィルムカウンターのロックピンがあたる部分も裏蓋上部の該当する場所に貼りました(1亳で幅7‐8)。


  • 12.座敷犬
  • 投稿日:2007/08/04 21:13

>>11
こんばんは、えのさん。

度々ありがとうございます。

今のところ原因は特定できていませんが、手軽にできる処置として、まずは全てのモルトの交換をしたいと思います。OM-1用にカットされたモルトも市販されているようなので、それを試してみたいと思います。モルトが完全に劣化した状態でOM-1を友人より譲り受け、そのままの状態で使用しても支障なかったので、一連の原因としてモルトを疑うことはしていませんでした。

今回の撮影では、純正のカメラケース(下の部分)は常に装着した状態で、撮影の間隔が空きそうなときにはレンズキャップをしたり、上下のカメラケースを装着した状態で、こまめにバッグに入れていました。それで被害が少なく済んだのかもしれません。

光線漏れと言えば、写真に赤い線が入るのが特徴なんだと思っていましたが、霧のようなものが写り込んだり、紫色のものが写り込んだりするのですね。しかも、よりによって大事なコマに(笑)。


  • 13.座敷犬
  • 投稿日:2007/08/06 23:59

こんばんは、皆さん。

ミラーアップした状態で裏蓋を開けて、バルブに設定したのちシャッターボタンを押し続けて、シャッター幕を開いた状態でミラーボックスを観察したのですが、カメラ正面左側(ミラーストッパーが付いている側)の壁にねじ込まれているネジ部分(何カ所もあります)の無反射塗料が欠落しているのを見つけました。強い光を当てると、金属部分が僅かに反射しているのが確認できます。

以前、ミラーアップした状態でカメラ正面側からミラーボックスを点検しましたが、その時は、塗料の欠落を確認することができませんでした。また、強い白熱光を当てた状態でないと不具合を見つけにくいようです。写真の、霧状のものが写り込んでいる位置から考えて、原因はこれではないかと思ったりしています。

そこで今、無反射塗料を探しているのですが、カメラ用の塗料は結構お値段が高いようですね・・・。


  • 15.nori-p
  • 投稿日:2007/08/07 20:42

>>13
ちょっとだったらポスカなどのペイントマーカーやプラモデル用塗料のつや消し黒でも大丈夫だと思います。
ただし、レンズ(焦点距離の異なる)を換えても同じ部分に同じ形で出るのは(暗箱内部の内部の反射と考えると)説明がつかないような気がします。レンズの焦点距離が異なると光の入射角が変わり形が異なると思います。ところで、レンズフードは普段お使いになっていますか?


  • 16.okudera
  • 投稿日:2007/08/07 21:24

こんばんは

ポジかネガか判らないのであてずっぽうですが、レンズに依らず、機体にも依らないのでしたら現像に出した先のミニラボ(印画)のトラブルではないでしょうか?


  • 17.座敷犬
  • 投稿日:2007/08/07 23:11

>>15,16
こんばんは、皆さん。
アドバイスありがとうございます。

最初に掲載した写真は35/2で撮影し、その次に掲載した写真は28/2,8で撮影しました。(純正)フードはなるべく使用するように努めていますが、これらの写真を撮影したときに使用していたかどうかは不明です。忘れてしまいました・・・。

また、霧状のものはフィルム(ネガ)上にも現れています。

無反射塗料の欠落がトラブルの原因でないとすると、やはりモルトですかね・・・。若しくはそれらのあわせ技とか(笑)。


  • 18.nori-p
  • 投稿日:2007/08/09 09:32

私も手元のOM-1を触りながらいろいろ考えたのですが
特定のコマに出現するので、裏蓋周りは関係無いと思います。
あとはシャッター、ミラー周りと、レンズのハレーションですが----。
カメラの裏蓋を開け、フィルムの当たる部分にトレペか薄い紙を仮止めして、シャッターをB(バルブ)で開放にして、室内でいろんな角度を向けてみてください。電球や窓などの強い明かりが内部に乱反射して、掲載の画像のような霧状のものが見えませんか?特に掲載写真のような光が真上後方から差す場合に何か写りませんでしょうか?私のOMでは稀にマウント部分の金属からの反射が見える事があります(詳しくは未確認ですが)もしそのテストで何も無ければあとは指輪や腕輪などからの微弱な放射線などまで疑わなければならなくなります。あと、PLフィルターなどを常用されていませんか?これも特定の条件ではハレーション等の原因になるかもしれません。


  • 19.座敷犬
  • 投稿日:2007/08/09 19:10

>>18
こんばんは、nori-pさん。
アドバイスありがとうございます。

ミラーアップした状態でファインダーに太陽光を入れて、マウント側からミラーボックスを観察したところ、逆入光がミラーボックスに侵入しているのが確認できました。

ファインダーから侵入した太陽光が、カメラ正面左側のクイックリターンミラーの土台付近(付け根付近)からマスク(金属製の黒枠)に差し込んでいました。が、太陽光はフィルム面には到達していませんでした。念のため同じ症状が現れているOM-1Nも点検したところ、全く同じ症状が現れていました。

ミラーボックス上部にはミラーの緩衝用モルトが左右に貼り付けられています。そして、ミラーボックス上部にある左右の角の部分には、マウント側からファインダー側に向かって細長い遮光材が貼り付けられています。しかし、全長の半分以下しか貼られていません。途中で途切れています。新品時にはどのような状態だったのか知りませんが、今のこの状態が、本来の状態なのでしょうか?

なお、普段は保護フィルターをレンズに装着していますが、装着の有無に関わらず、時として、霧がかかったような写真が撮れます。また、逆入光防止の為にペンタックス製の大型のアイカップを装着した状態で使用しています。なお、貴金属の類は一切身につけていません。


  • 20.nori-p
  • 投稿日:2007/08/09 21:11

OM-1系はミラーダンパーがあるので、もしかしたらミラーダンパーの効きが不調かもしれませんね。ミラーが枠に当たった反動でスキマが大きくなっているか、逆にミラーが締まりきらないうちにシャッターが切れているのかもしれません。
OM-1はクラカメの域に達していますから、この辺は持病と考えおつきあいしていく必要があるかもしれません。
最新のEシリーズ等では、逆入光の写りこみはありませんが、露出計への影響は甚大です。この点OM-2などのダイレクト測光は大変優れた機構だと改めて感心しています。


  • 21.座敷犬
  • 投稿日:2007/08/10 00:12

>>20
こんばんは、nori-pさん、皆さん。

逆入光はミラーの上下に関係なく発生しています。

カメラの位置や光線状態によってはファインダーからミラーボックスに逆入光が入り込み、運悪くそれらの悪条件が重なっている状態の時に撮影してしまったせいで、あのような写真が撮れたのだと思います。これはカメラの仕様なのか、経年劣化なのかは分かりませんが・・・。

迷光って言うのでしょうか、この原因を探り出すのは修理屋さんでも難儀するようです。私の友人のケースですが、カメラの光漏れを修理してもらったのは良いのですが、返却された修理品を使用して撮影したところ光漏れは直っておらず、再修理→修理完了→再修理を何度か繰り返しました。恐らくは、原因を突き止められずに“見切り修理”した結果、このようなことが起きたのだと思います。

今回の不具合は個人での修理は無理そうなので、今回判明した事柄を修理屋さんに伝えて、ミラーボックス周辺を遮光したり、ボックス内の金属部分が剥き出しになっている箇所に無反射塗料を塗るなどして、様子を見たいと思います。

今回、皆さんに色んなアドバイスを頂いたお陰でいくつかの問題点を発見することができました。ありがとうございました。

なお、最新のEシリーズでも逆入光による露出計の誤差が発生するようで、これは初耳です。そのようなことは今のカメラでは起きないと思っていました。ユーザーからクレームとか出ないのでしょうかね。


  • 22.nori-p
  • 投稿日:2007/08/10 03:36

>>21
液晶ライブビューで使うことの多いE-330では逆入光対策にファインダー(アイピース)シャッターが装備されていますがE-410等では省略されています。(アイピース用の蓋が付属するようです)