『50mm F1.2』の良さとは。


  • KONTA
  • 投稿日:2008/03/08 22:18

お久しぶりでございます。
以前、何度か書き込みさせて頂きました、KONTAと申します。
しばらくの間、OM‐1nが盆栽化していたのですが、
また自分の中で銀塩ブームがやって参りまして、新たなレンズを入手しました。
「85mm F2」、「21mm F3.5」に続いて、
先週、「50mm F1.2」を何と新品で手に入れることができました。
製造販売終了から随分経っていますが、
手持ちの3本ともここ1年くらいの間で新品で手に入れてますので、あるところにはあるものだなと思いました。

それで、「50mm F1.2」で撮っているのですが、
このレンズって凄くピント合わせがシビアだなと思います。
僕の技術のなさもあるのですが、ピンボケ写真が多いです・・・。
マクロほど寄れないので、花を撮るのも結構難しいし、
風景写真を撮るなら広角の21个諒が向いているなと思うし、このレンズを活かせるような被写体ってどんなものなのでしょうか?
凄く値段のするレンズなのですが、
どうもあまり満足のいく写真が撮れていないので悔しいなと思っております。

ただ、撮った写真を見ていると、銀塩の良さを改めて認識し、デジカメにはない素晴らしさに魅了されています。
今度こそこのまま銀塩写真にハマりそうです。


  • 1.IMAI
  • 投稿日:2008/03/09 00:35

KONTAさん、皆さん、こんばんは。

50mm F1.2の新品購入おめでとうございます。(^^)/
50mm F1.2は絞り開放で使うとピント合わせが難しいですよ。
ある程度絞れば被写界深度が深くなりますのでピントでの失敗はほとんどなくなります。
このレンズを活かせるような被写体は他の標準レンズと同じで身の回りにいくらでもあると思います。
どちらかといえば室内でのポートレート(動物の写真も)などで威力を発揮してくれるでしょう。
デジカメは便利ですが銀塩は格別ですね。 ランニングコストがかかるのが難点ですが...